読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『HOME』からもう10年。

そうか、火曜日だったか。

2007年3月14日にMr.Childrenの12枚目のアルバム『HOME』が発売されてからもう10年。

ドラマ『14才の母』の主題歌として発売されて大ヒットした『しるし』などが入ったアルバムである。

 

『しるし』は小学3年の時にクラスで歌った記憶がある。当時はMr.Childrenの存在すら知らなかったが、後年、北京五輪のテーマソング『GIFT』がきっかけでMr.Childrenの存在を知り、興味を持った。そして『HOME』を聴いた時に『しるし』が収録されていたので驚いたものである。

 

タイトルの通り、at「HOME」な楽曲が大半を占める。

どの曲も、どこか懐かしい感じだけど、かといって古臭さもない。

『Another Story』をはじめ、小林武史氏が奏でるピアノが独特の優しさと繊細さと美しさを含んだ音色であるのも特徴。

そして、意外にもジャズ系の楽曲が多い。それ故か、本作を引っ提げての全国ツアー『Mr.Children “HOME” TOUR 2007』『Mr.Children"HOME"TOUR 2007 ~in the field~』ではホーンセクションとストリングスチームが参加している。

 

アルバムラストの『あんまり覚えてないや』は年を取った人ほど身に沁みる、隠れた名曲である。

1度聴いてみてはいかがだろうか。

HOME(通常盤)

HOME(通常盤)